Yuichi Kimura

KL Japan
  • Content count

    37
  • Joined

  • Last visited

1 Follower

About Yuichi Kimura

  • Rank
    Candidate

Contact Methods

  • E-mail
    0

Profile Information

  • Gender
    Male
  1. 2015 年 3 月 5 日にリリースされた カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 (バージョン番号:15.0.2.361)をインストールしたコンピュ ーターで、「メールの受信ができない」または「CPU使用率 が100%になる」などの報告がございました。 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 (バージョン番号:15.0.2.361)をご利用中に類似する問題が 発生している場合は、以下の手順で「暗号化された接続を スキャンする」が初期設定値の「次の保護機能からの要求 に応じて、暗号化された接続をスキャンする:ネット決済 保護、危険サイト診断、保護者による管理」に変更して、 問題が改善するか確認をお願い致します。 [確認方法] 1. カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 を開きます。 2. メインウィンドウの左下にある、[設定]をクリックしま す。 3. [設定]ウィンドウで[詳細]タブに移動し、[ネットワ ーク]をクリックします。 4. [ネットワーク設定]ウィンドウで、「暗号化された接続 をスキャンする」が「暗号化された接続を常にスキャンす る」の場合は、「次の保護機能からの要求に応じて、暗号 化された接続をスキャンする:ネット決済保護、危険サイ ト診断、保護者による管理」に変更します。 5. メインウィンドウを閉じます。
  2. サンドマンさん 英語のカスペルスキーフォーラムで非常に似ている問題が ありました。 http://forum.kaspersky.com/index.php?showtopic=316779 メール保護の機能に問題があるようです。 申し訳ございませんが、KIS15.0.2.361でこの問題が修正される まで、 下記のKIS15.0.1.415というバージョンへダウングレード してお待ちいただけませんでしょうか。 KIS15.0.1.415 類似する問題に遭遇されたユーザ様は、下記の設定変更を お試しください。
  3. Kagami さん 同一バージョン(11.5.0.590)ではありませんが、Wi-Fi接続時の通信不良の問題の修正(危険サイト対策機能の仕 組み変更)と、Android 5.X に対応した日本語バージョンを準備予定との情報を入手し ました。 このバージョンのリリース日は未定となります。お待たせ し申し訳ございません。
  4. Kagami さん Wi-Fiに接続時に危険サイト対策を有効にしていると通信できな い問題で、ご迷惑をお掛けしております。 KIS for Androidのバージョン11.5.0.590では、問題が発生しないことの確 認ありがとうございました。 KIS for Androidのバージョン11.5.0.590の日本語版リリースについて確認 します。
  5. カスペルスキー スモールオフィスセキュリティ の機能設定ガイドです。 本ガイドではパスワード管理、データ暗号、ネット決済保 護、バックアップ、管理コンソール、ウェブポリシーの管 理に関する機能の説明と設定方法を画面ショット付きの手 順書形式でご案内します。 カスペルスキー スモールオフィスセキュリティ の機能設定ガイド キーワード KSOS、小規模オフィス向け、企業向け、法人向け、スモール オフィス、SMB、 パスワード管理、データ暗号、ネット決済保護、バックア ップ、管理コンソール、ウェブポリシーの管理
  6. カスペルスキー スモールオフィスセキュリティ で利用可能な以下の製品のインストールガイドです。 ・カスペルスキー スモールオフィスセキュリティ(ver13.0.4.233ab) ・カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android(11.3.46.35) カスペルスキー スモールオフィスセキュリティ キーワード 小規模オフィス向け、企業向け、法人向け、スモールオフ ィス、SMB
  7. Kaspersky Systems Managementのインストール/設定ガイドです。 画面ショット付きの手順書で、容易に導入、設定すること が可能です。 【キーワード】 法人向け、企業向け、パッチ、ぜい弱性、OSイメージ、コン ピュータイメージ、デスクトップ共有、リモートデスクト ップ Systems Managementインストールガイド Systems Management使用ガイド(OSイメージ導入) Systems Management設定ガイド(パッチ配布) Systems Management設定ガイド(デスクトップ共有)_v1.0
  8. nobufu さん Thunder bird にはプラグインはありません。 Microsoft Office Outlook では[スパム][非スパム]のアイコンが追加され、メールを選 択して、それぞれのアイコンをクリックすることで、学習 させていくことができます。
  9. nobufu さん ご質問ありがとうございます。 >>ThunderBird 31.2.0をカスペルスキー2015で使用はできますか? はい、ご利用のメーラに依存することなく、Windows 向けの カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 の、迷惑メール対策(アンチスパム)機能で迷惑メール(ス パム)をフィルタリングできます。 またMS Office Outlookでは専用のプラグインが利用可能です。 是非30日間の無料体験版でカスペルスキー製品の機能をお試しください。
  10. bcatさん SUZUsanさん ありがとうございます。 :pray: エクスポートファイルの形式"DER encoded binary X.509 (.CER)”で試しましたが、私の環境でもそれで問題はありま せんでした。 カスペルスキーの証明書が下記に保存されています ので、証明書のインポートにこちらのファイルを指定する のもひとつの手段です。 C:\ProgramData\Kaspersky Lab\AVP15.0.1\Data\Cert ファイル名:(fake)Kaspersky Anti-Virus Personal Root Certificate.cer インポートの際に選択するのは「この認証局による Web サイトの識別を信頼する」のみでお願い致します。 他の「この認証局によるメールユーザの識別を信頼する」 「この認証局によるソフトウェア製作所の識別を信頼する 」を選択する必要はありません。 サポートセンターへこの情報を伝えます。 貴重な情報をありがとうございました。
  11. bcatさん KIKU_WSさん 情報をありがとうございます。 また、お手数をお掛けし申し訳ございませんでした。 追加でお試しいただきたい手順がございます。 もしよろしければ、お試しいただけませんでしょうか。 【内容】 Firefoxブラウザにインストールされた"カスペルスキーの古い証明書"を削除する 【手順】 (申し訳ございません。画像の準備ができておりません。) 1. Firefoxブラウザの右上にある"メニュー"を開き、"オプション"を選択します。 2. オプション画面で"詳細"をクリックし、"証明書"のタブを選択します。 3. "証明書を表示©"をクリックし、開いた"証明書マネージャ"画面で"認証局証明書"のタブを選択します。 4. "認証局証明書"で"Kaspersky Lab ZAO"を探し削除します。   ※万が一の為に、事前に証明書のバックアップとして エクスポートをお願い致します。 5. Firefoxブラウザを終了し、もう一度 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 の設定画面からカスペルスキーの証明書をインストールし ます。 このカスペルスキ ーの証明書は、暗号化された接続をスキャン(安全か確認)す る目的と、悪意をもって証明書が置き換えられた場合に防 御する目的で利用されます。
  12. bcatさん 以下の手順で カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 の設定画面からカスペルスキーの 証明書をインストールして問題が改善するかご確認いただ くことはできますか。 1. カスペルスキー インターネット セキュリティ 2015 の設定をクリックします。 2. 詳細 >> ネットワーク と進みネットワーク設定の画面を表示します。 3. 暗号化された接続のスキャンの下にある詳細設定をクリックし暗号化された接続の画面を表示します。 4. 証明書のインストール...をクリックして証明書のインストールをお試しください。 ※ブラウザーを終了してから、証明書をインストールする 必要があります。
  13. Kaspersky Security for Virtualization 3.0のインストールガイドです。 画面ショットを付けたインストール手順書で、 簡単に導入することが出来ます。 ポリシーやスキャンタスクの設定も解説しています。 キーワード VMware、vSphere、法人向け、企業向け、仮想、クラウド インストールガイド
  14. VMware仮想環境向けセキュリティ―対策製品:Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless (KSV3.0 Agentless)のご紹介資料です。  ・製品概要 ・機能と優位性 ・構成例とライセンス ・従来製品、他社との比較 について解説しています。 キーワード VMware、vSphere、法人向け、企業向け、仮想、クラウド Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentlessのご紹介
  15. otaniy さん 最新の Google Chrome を利用されている場合、一部のサイトで”SSL 接続エラー”が発生することを確認しました。 最新の Google Chrome ブラウザに対応するまで、他のブラウザ をご利用いただけないかご検討いただけますでしょうか。 Google Chrome を利用される場合は、一時的に以下の 設定で対応されるまでお待ちください。 この設定をおこなうと、HTTPSでWebトラフィックに危険なオブ ジェクトが含まれていないかの確認がおこなわれません。 1. カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac の環境設定をクリックします。 2. 環境設定画面のプロテクションタブにある安全な接続(HTTPS)をチェックのチェックボックスを外します。 3. Mac OSを再起動して問題が発生するか確認します。